性格の不一致で離婚できる?裁判や慰謝料請求で必要な証拠もご紹介

  • 性格の不一致で離婚できるの?
  • 性格の不一致で慰謝料を払わせることはできるの?


この記事ではこのような悩み、疑問にお応えします。

裁判所が公開している司法統計をみても、性格の不一致(性格が合わない)は離婚理由の第1位のようです。この記事をお読みの方の中にも性格の不一致を理由に離婚を検討されている方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回は、性格の不一致の具体的中身をみていくとともに、性格の不一致で離婚できるのか、慰謝料を払わせることはできるのかなどについて詳しく解説していきたいと思います。

性格の不一致の中身

そもそも性格の不一致という言葉の中には様々な意味が込められています
考え方、生活習慣、マナー、文化、子どもに対する育児や教育方針が異なること、うまくコミュニケーションがとれないことなどを「性格の不一致」と表現する人もいるでしょう。
あるいは、これといった離婚理由はないけど何となく離婚したい、一緒に生活することが嫌になった、という気持ちが大きい場合も「性格の不一致」を離婚理由にあげる傾向が多いように思います。
このように、性格の不一致と一言でいってもその言葉の中には様々な意味や感情が込められており、性格の不一致が離婚理由の第1位であることはある意味当然の結果といえます。

性格の不一致で離婚できる?

では、性格の不一致を離婚理由に離婚することはできるのでしょうか?

協議、調停なら可能

まず、協議離婚、調停離婚の場合は可能です。なぜなら、協議離婚、調停離婚では離婚理由が何であるかは問われないからです。協議離婚、調停離婚を成立させるには、まずは離婚と養育費などの離婚条件について合意することが必要です。

裁判なら離婚事由にあたるかどうか

一方、裁判離婚の場合は、裁判で法律に定められた離婚理由(裁判上の離婚事由)があると認められない限り離婚できません。裁判上の離婚事由は以下のとおりです。

裁判上の離婚事由
①不貞
②悪意の遺棄
③3年以上の生死不明
④強度の精神病、かつ、回復の見込みがない
⑤婚姻を継続し難い重大な事由

このように、性格の不一致は明確に裁判上の離婚理由とはされていません。もっとも、①から④は⑤の例示にすぎませんから、性格の不一致が⑤にあたるとして離婚を請求することはできると解されています。
なお、婚姻を継続し難い重大な事由(⑤)とは「夫婦が婚姻の目的である共同生活を達成しえなくなり、その回復の見込みがなくなった状態」をいうとされています。
裁判でこうした状態にあることを証拠により証明できれば、性格の不一致を離婚理由として離婚できるということになります。

性格の不一致を証明する証拠

前述のとおり、性格の不一致を理由に裁判離婚を請求する場合は、請求する側が婚姻を継続しがたい重大な事由を証拠によって証明する必要があります。証拠になりうるものとしては、

・ケンカをした際の録音データ
・ケンカの状況を記録した日記やメモ
・メール、手紙
・第三者の証言

などがあります。性格の不一致を理由に離婚を考えるようになったら、裁判を見据えてこうした証拠を集めておく必要があります。
また、浮気や悪意の遺棄、DVなど、その他の離婚理由をあわせて主張することで、より離婚が認められやすくなります。該当する離婚理由があればあわせて集めておく必要があります。

性格の不一致で慰謝料を請求できる?

離婚するにあたり、これまで辛い思いをしてきた分、配偶者に慰謝料を請求したいと考える方も多いと思います。しかし、性格の不一致を理由に慰謝料を請求することはできません
なぜなら、そもそも慰謝料は、配偶者から婚姻関係を破綻に追い込まれるほどの違法な行為(不貞、DVなど)を受けたからこそ発生するものですが、性格の不一致の場合は、どちらが有責であると一方的に決めつけることはできないからです。
とはいえ、これまでの経緯を踏まえると、簡単に請求を諦めきれない方も多いのも事実です。そうした場合は慰謝料ではなく、解決金という名目で一定の金額の支払いについて合意し、決着を図ることもあります

まとめ

性格の不一致という言葉の中には様々な意味が込められていることが多いです。そこで、性格の不一致を理由に離婚するにしても、性格の不一致という一言で片づけようとせず、何が本当の理由なのか明確にしてみることからはじめてみましょう。
離婚理由を明確にすることで、本当に離婚すべきなのか、改善の余地はないのかが明確になりますし、あなたがなぜ離婚したいと思いっているのか配偶者にきちんと説明することができ、離婚の同意を得られやすくなります。
協議、調停では性格の不一致が理由でも離婚できますが、裁判では婚姻関係が破綻し、回復する見込みがないことを証明できなければ離婚することができません。また、性格の不一致を理由に慰謝料請求することは難しいこともあわせておさえておきましょう。

Follow me!

投稿者プロフィール

小吹 淳
小吹 淳
離婚分野を中心に取り扱う行政書士です。 行政書士に登録する前は法律事務所に約4年、その前は官庁に約13年勤務していました。実務を通じて法律に携わってきた経験を基に、離婚に関する書面の作成をサポートさせていただきます。