離婚公正証書を作るまでの期間はどれくらい必要ですか?

A:公証役場に離婚公正証書の作成を依頼(⑤)してから離婚公正証書の原案ができあがるまで(⑥)は、最短でも1週間前後から2週間前後はかかります。もっとも、原案の修正を希望する場合は、公証役場で公証人と面談する→公証人が原案を修正する、という過程を繰り返すことで、期間が長期化することも考えられます。⑤、⑥を短期間ですませるには、①から④までの事前準備をしっかり行っておく必要があります。

離婚公正証書を作成するまでの流れ

  • 離婚に合意する
  • 離婚条件について話し合う
  • 合意内容を書面にまとめる
  • 必要書類を準備する
  • 公証役場にコンタクトを取る(作成を依頼する)
  • 公証人が離婚公正証書(原案)を作成する
  • 公証役場で離婚公正証書にサイン

Follow me!

投稿者プロフィール

小吹 淳
小吹 淳
離婚分野を中心に取り扱う行政書士です。 行政書士に登録する前は法律事務所に約4年、その前は官庁に約13年勤務していました。実務を通じて法律に携わってきた経験を基に、離婚に関する書面の作成をサポートさせていただきます。