【女性向け】離婚のメリット・デメリット、切り出す前にやるべきこととは?

離婚のメリット・デメリットは?
離婚に踏み切る前にやるべきことは?

この記事ではこのような疑問、悩みにお応えします。

「離婚して、はやく今の状況から抜け出したい」、「楽になりたい」という気持ちの場合、離婚にはメリットしか感じないかもしれません。
しかし、どんな事柄にもメリット、デメリットがあるように、離婚にもメリットだけではなく、デメリットもあります。少し冷静になって離婚のデメリットまで目を向けると、離婚に踏み切ることを思いとどまるかもしれません。
そのため、離婚の二文字が頭をよぎったら、まずは離婚のメリットのみならず、デメリットにもしっかり目を向けて、本当に離婚して後悔することはないかどうかきちんと検討することが大切です。

そこで、今回は、離婚のメリット・デメリットについて解説した後に、離婚に踏み切る前に実践していただきたいことをご紹介します。今は離婚にメリットしか感じていない方も、まずはこの記事を読んでみて、離婚に踏み切るべきか、それとも踏みとどまるべきか考えていただければと思います。

離婚のメリット

それでは、離婚のメリットからみていきましょう。

悩みやストレスから解放される

まず、最大のメリットはストレス、苦痛から解放されることではないでしょうか?
結婚生活中は、不貞(不倫・浮気)、DV、モラハラ、虐待、価値観・生活習慣の違い、喧嘩、性生活、お金の問題、子育て、相手親族との付き合いなど、様々な問題や悩み、ストレスを抱えながら生活されてきたことと思います。しかし、離婚することでこうした問題や悩み、ストレスから一気に解放されます。

自由になれる

次に、自由になれることです。
結婚生活中は配偶者の価値観や生活習慣、予定に合わせて行動しなければならない場面もあったかと思います。しかし、離婚後は配偶者の価値観や生活習慣、予定に縛られることはありません。離婚で親権を得て子どもと生活する場合は子ども中心の生活であることに変わりなく、お金や時間の使い方に変化はないかもしれませんが、精神的な面で自由になれることに間違いありません。

新しい人生を歩むことができる

次に、新しい人生を歩むことができることです。
前述のとおり、離婚すると離婚前に抱えていた問題や悩み、ストレスから一気に解放されます。また、離婚をきっかけにこれまで住んでいた場所・環境、仕事、人間関係を変化させ、身も心も心機一転、新しい人生をスタートさせることができます。もちろん、新しい配偶者を探して再婚することも自由です。

※現在(令和4年10月24日時点)で、女性には再婚禁止期間(離婚後100日)が設けられていますが、法改正により撤廃される予定です。

子どものためにもなる

最後に、配偶者と子どもとの関係しだいでは子どものためにもなることです。
特に、子どもが配偶者から虐待を受けている場合は、配偶者との婚姻関係を維持することは子どもにとって悪影響でしかなく、一刻もはやく離婚すべきです。子ども自身が虐待を受けていない場合でも、あなたがDVやモラハラを受けていたり、子どもの目の前での喧嘩が絶えないような場合も、子どもの成長に悪影響を及ぼす可能性があります。この場合も離婚を検討すべきでしょう。

離婚のデメリット

次に、離婚のデメリットをみていきましょう。

経済面、仕事の面で苦労する可能性がある

一番気をつけなければならないのは経済面、仕事の面です。特に、これまで配偶者の収入に依存した形で生活を送ってきた方は、離婚した後、経済面で苦労する可能性があります。
これから就職や転職、資格を取得しようにも一定の時間がかかりますし、予定どおりことが運ぶとは限りません。子どもがいる場合は仕事と子育てを両立していけるかも検討しなければなりません。離婚前よりも収入が減ると子どものためにお金をかけることができず、子どもの夢をかなえることができなくなる可能性もあります。

㊟養育費や慰謝料などの金銭は未払のリスクがあることから、貯金にまわすくらいの余裕があった方が安心です。

子どもに悪影響が出る可能性がある

次に、子どもに悪影響が出る可能性があることです。
まず、今住んでいる家から出ていく場合は転園・転校の必要があるかもしれません。今の友だちや環境と別れ、慣れない土地で一から人間関係を築き、環境に慣れていくことは子どもにとって大きな負担です。また、片親になることで子どもに次のような影響が出る可能性があります(個人差があり必ず出るというわけではありません)。

・親に捨てられたと感じる
・精神的に不安定となる
・不登校になる
・人の愛情に疑問を持ちやすくなる
・結婚しても離婚しやすくなる

ここが大事!

子どもは親の離婚という都合に巻き込まれただけですから、離婚後は、どんなときでも子どもの味方になって、子どもが一人前になるまでは子どものために生きていくぐらいの覚悟を持てるかが重要です。

姓を変えることによる影響

次に、姓を変えると仕事や子どもに影響が出る可能性があることです。
特に、女性は離婚を機に姓を変える方が多いと思いますが、姓を変えると離婚したことが周囲に伝わります。仕事では取引先からなかなかあなたと認識してもらえないなど、支障が出る可能性があります。また、公的証明書(運転免許証、マイナンバーカード)などで多くの改姓手続きが必要となるのもデメリットといえます。
なお、子どもの姓は離婚し、親権をもったからといってあなたの姓(旧姓)に変わるわけではありません。子どもの姓をあなたの旧姓に変更するには、家庭裁判所に対して申立てを行う必要があります。

関連記事

後悔する可能性がある

最後に、離婚したことを後悔する可能性があることです。
結婚期間中は、パートナーがいることやパートナーにしてもらっていることなどが「当たり前」になっていて、パートナーの存在の大きさを意識できていないかもしれません。ところが、不思議なことに、離婚して離れ離れに暮らしてはじめて、今まで当たり前と感じていたものが当たり前でなくなり、パートナーの存在の大きさにはじめて気づき、やっぱり離婚しなければよかったと後悔する可能性があります。

離婚に踏み切る前に実践していただきたいこと

このように離婚にはメリットのみならずデメリットもあり、メリットばかりに目を奪われて離婚に踏み切るとのちのち後悔する可能性があります。そこで、離婚で後悔しないためにも、まずは以下のことを実践、検討してみることをおすすめします。

セルフチェックしてみる

まずは、以下の問に答えてみて、本当に離婚したいのか、離婚すべきなのか、離婚しないという選択肢はないのかもう一度考えてみましょう。

・離婚したい理由ははっきりとしていますか?(はい・いいえ)                        
・離婚すると二度と相手と会えなくなるしれませんが、それでも後悔しませんか?(はい・いいえ)                        
・離婚後はどんな生活を送りたいですか?                 
・自分一人の力で稼いでいく自信はありますか?
(はい・いいえ)
・家賃・税金などをきちんと払っていけますか?
(はい・いいえ)
・一人でも家事・育児をこなしていけますか?
(はい・いいえ)
・あなたの体力、時間、財産を子育てに捧げることはできますか?
(はい・いいえ)
・これまで相手がやってきたことをやっていける自信はありますか?
(はい・いいえ)
・地震などの災害時にも冷静に対処できますか?
(はい・いいえ)
・周囲に相談できる人、支えてくれる人はいますか?
(はい・いいえ)                   
・自分の心の支えはありますか?
(はい・いいえ)                
・離婚について子どもにきちんと説明できますか?

再構築できないか検討する

次に、再構築できないかも検討しましょう。
再構築するにはあなた自身から変わっていくことが必要です(パートナーから変わることは期待できません)から、あなた自身が変われるかどうかがポイントです。再構築には大きなエネルギーを必要としますし、いくつもの壁を乗り越えなければならないでしょう。しかし、再構築できたあかつきには、以前よりも強い絆でパートナーとつながることができ、今よりもより豊かな人生を送れる可能性があります。再構築の具体的な方法については以下の記事で詳しく解説しています。

別居してみる

また、別居することも一つの方法です。
別居は「離婚の予行演習」という意味もあります。別居することで離婚後の生活を具体的にイメージすることができ、離婚した方がいいのか、それとも再構築の道を探った方がいいのかより現実的に考えることができます。なお、DVや虐待を受けているなど別居の緊急性が高い場合を除き、別居する際はパートナーに断りを入れ、別居時のルール(生活費の負担など)をきちんと話し合ってから別居するようにしましょう。

離婚準備をしっかり行う

ここまでの過程を経て、やはり「離婚しかない」と考える場合にはじめて離婚に踏み切ります。ただ、離婚に踏み切るといっても、しっかりとした事前準備が必要です。たとえば、浮気の慰謝料を請求したい場合は離婚を踏み切る前に浮気の証拠を集めておく必要があります。離婚後の住まいや子どもの転園・転校、ご自身の就職・転職など、離婚後の生活に関する準備も必要です。

まとめ

離婚にはメリットのみならずデメリットもあります。今は離婚しか頭になくても、冷静になって考えてみると、今は離婚しないという選択肢の方がよい場合もあります。いったん相手に離婚を切り出すと後戻りすることが難しくなります。
DVや虐待を受けているなど緊急性が高い場合を除き、離婚に踏み切る前に、まずはどうして離婚したいと思っているのか、本当に離婚したいのか、離婚の選択で間違っていないのかじっくり考えてみることをおすすめします。

Follow me!

投稿者プロフィール

小吹 淳
小吹 淳
離婚分野を中心に取り扱う行政書士です。 行政書士に登録する前は法律事務所に約4年、その前は官庁に約13年勤務していました。実務を通じて法律に携わってきた経験を基に、離婚に関する書面の作成をサポートさせていただきます。