離婚後の苗字(姓)、戸籍はどうなりますか?子供についても解説

・ 離婚後の苗字はもとに戻すべき?今のままがいい?
・ 旧姓に戻すメリット・デメリットは?
・ 戸籍はどうなるの?
・ 子供の姓、戸籍はどうなるの?

この記事ではこのような疑問、悩みにお応えします。

結婚の際に配偶者の苗字に変えた方は、離婚時に元の苗字に戻すのか、今の苗字を使い続けるのかを選択する必要があります。苗字や日々の生活や仕事にも大きな影響を及ぼすくらい大事なものですから、離婚前からどちらを選択するのかをしっかり考えておきたいですね。
今回は、まずはじめに、元の苗字に戻すメリット、デメリット、今の苗字を使い続けるメリット、デメリットをご紹介した上で、それぞれの手続きについて解説します。
また、記事の後半では、意外と知られていない離婚後の子どもの苗字と戸籍についても解説したいと思います。ぜひ、今後の参考にしていただけると幸いです。

元の苗字に戻すメリット・デメリット

それでは、さっそく、元の苗字に戻すメリット、デメリットからみていきましょう。

メリット

まず、メリットは、離婚した相手の苗字を名乗らなくてよいことでしょう。また、法的にも心理的にも相手との関係を断ち切ることができ、心機一転、新たな人生を歩むことができます。手続き的には離婚届に記入するだけで済みます。

デメリット

一方、デメリットは、運転免許証などの氏名変更をはじめとした離婚後の手続きが大変なことです。また、離婚はマイナスな面ばかりではありませんが、元の苗字に戻すことで離婚したことが周囲にバレてしまう可能性がありますので、気にする方にとってはデメリットといえます。

今の苗字を使い続けるメリット・デメリット

次に、今の苗字を使い続けるメリット・デメリットをみていきましょう。

メリット

まず、メリットは、今の氏名の効力を離婚後も活かすことができることです。今現在、「鈴木花子=あなた」として社会的に認知されている場合、苗字を変えることによって社会活動にマイナスの影響が出る可能性があります。こうした影響を避けたい場合は、今の苗字を使い続けるか検討する必要があります。また、氏名変更などの手続が不要、離婚したことが周囲にバレづらいこともメリットといえます。

デメリット

一方、デメリットは、離婚した相手の苗字を名乗らなければならないことです。円満離婚した場合は抵抗ないかもしれませんが、円満離婚でない場合は使い続けるべきか悩むところだと思います。また、精神的な面でリセットしづらいこともデメリットといえます。
なお、仮に再婚して、再婚相手の苗字に変えた後、再度離婚した場合、原則的には、再婚前(前婚時)の苗字にしか戻すことができない点にも注意が必要です。

元の苗字に戻す手続きと戸籍

元の苗字に戻る場合は、離婚届の「婚姻前の氏にもどる者の本籍」の欄で「①婚姻前の戸籍(主に親の戸籍)に戻る」か「②新しい戸籍を作る(※)」のいずれかを選択する必要があります。
そして、①を選択する場合は、離婚届の「婚姻前の氏にもどる者の本籍」の欄の「□もとの戸籍にもどる」にチェックを入れます。また、離婚届の「本籍地」の欄には婚姻前の本籍地を記入し、「筆頭者の氏名」の欄には婚姻前の戸籍の筆頭者の氏名(親の戸籍に戻る場合は父母いずれかの氏名)を記入します。
一方、②を選択する場合は、離婚届の「□新しい戸籍をつくる」にチェックを入れます。また、離婚届の「本籍地」の欄に新しい本籍地を記入し、「筆頭者の氏名」の欄には戸籍の筆頭者となるご自分の氏名を記入します。
いずれの場合も、あなたの戸籍は婚姻時の戸籍から抜けます。これを除籍といいます。除籍された場合、婚姻時の戸籍からあなたの氏名等が削除されるのではなく、氏名等の横に「除籍」の文字が印字されます。

※ 新しい戸籍はどこにする?
新しい戸籍は自由に設定できます。ただ、離婚後も各種手続きにおいて戸籍謄本等を取り寄せる場合のことを考えると、離婚後の住所地など申請しやすい場所に設定した方がよいです。

今の苗字を使い続ける手続きと戸籍

一方、今の苗字を使い続ける場合は、離婚届の「婚姻前の氏にもどる者の本籍」の欄に何も記入する必要はありません
ただ、この場合、役所に「離婚の際に称していた氏を称する届」という書面(以下、「届出」といいます)を提出する必要があります(※)。期限は離婚の日から3か月以内ですが、離婚届と同時に提出することも可能です。
自治体によっては書式をネット上にアップしています。書式は全国共通ですから、お住いに関係なく、どの自治体の書式をダウンロードして使っても問題ありません。
届出の本籍に関する欄の書き方は、届出を離婚届と同時に提出するか、離婚届を提出した後に提出するかで異なってきます。わからない場合は自治体の担当者に問い合わせするようにしてください。
届出を離婚届と同時に提出する場合は、新しい戸籍を作る必要があります(婚姻前との苗字が異なることから、婚姻前の戸籍に戻ることはできません)。

※本籍地以外の役所に提出する場合は戸籍謄本が必要です。

離婚後も苗字を変更することはできる?

離婚時に今の苗字を使い続けることを選択したものの、やはり元の苗字に変更したいという場合もあるでしょう。そのような場合、苗字を変更することは可能なのでしょうか?
この点については、ご自分の意思だけで元の苗字に戻すことはできない、というのが結論です(戸籍法107条1項参照)。もっとも、家庭裁判所に対して苗字変更の申立てを行い、裁判所が苗字を変更することについて「やむを得ない事情」があると認め、苗字を変更することにつき許可を得れば変更できることになっています。

参照:氏の変更許可 | 裁判所

子どもの苗字、戸籍はどうなる?

ここまでは、離婚後、あなたの苗字、戸籍がどうなるかをみてきました。ただ、子どもの親権を得る方(特に女性)にとっては子どもの苗字、戸籍がどうなるのか気になる方も多いと思います。そこで、最後に、離婚後の子どもの苗字、戸籍や苗字、戸籍を変更するための手続きについてみていきたいと思います。

苗字、戸籍は変更されない

まず、離婚しても、あなたが子どもの親権者となって子どもと一緒に暮らすことになったとしても子どもの苗字、戸籍は変わらないことに注意が必要です。仮に、あなたが元の苗字に戻ったとしても、手続を取らない限り、子どもの苗字と戸籍は今のままです。

変更するには手続きが必要

子どもの苗字と戸籍を変更するには、次の手続きをとる必要があります。

子どもの苗字と戸籍を変更するための手続き
① 離婚時に新しい戸籍を作る(元の苗字に戻る場合、今の苗字を名乗る場合いずれも)

② 家庭裁判所に「子の氏の変更許可」を申し立てる

許可される
=子どもの苗字が変更される

家庭裁判所から審判書謄本が自宅に郵送される

③ 入籍届(役所で入手できます)と審判書謄本を役所に提出

子どもの戸籍があなたの戸籍に入る

②と③の手続きは次のとおりです。

②子の氏の変更許可の申し立て方法
●申立人
子ども(子どもが15歳未満の場合は法定代理人(親権者など))
●申立先
子どもの住所地を管轄する家庭裁判所(※子どもが複数いる場合は、そのうち一人の子供の住所地を管轄する家庭裁判所)
参考:裁判所の管轄区域 | 裁判所
●申立てに必要な費用
□ 800円の収入印紙(子供一人につき)※申立書に貼付します
□ 郵便切手代 ※申立先の家庭裁判所に問い合わせてください
●申立てに必要な書類
□ 申立書(15歳未満用/15歳以上用)
□ 子どもの戸籍謄本
□ 父・母の戸籍謄本(※離婚の記載のあるもの)
※離婚成立後に、婚姻時の戸籍(除籍)謄本を取得すれば1通で足ります。
●申立て方法
申立書等を直接持参又は郵送

参照:子の氏の変更許可 | 裁判所

③入籍届の方法
●届出先の役所
子どもの本籍地又は届出人の所在地のある役所
●届出(受付)日時
届出される役所のホームーページでご確認ください
●提出する人
届出人又はその代わりの方(使者)
●届出に必要なもの
□ 入籍届
□ 審判書謄本
□ 印鑑
□ 戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)

参照:入籍届 | 江戸川区

まとめ

離婚後、元の苗字に戻るか今の苗字を使い続けるかは、それぞれのメリット、デメリットを踏まえた上で判断しましょう。また、手続きも異なりますので、しっかり確認しておいてください。
子どもの苗字や戸籍は離婚したからといって、当然に、あなたの苗字に変わるわけではありません。子どもの苗字、戸籍を変更したい場合は一定の手続きが必要です。どんな手続きが必要なのかもあらかじめ把握しておきましょう。

Follow me!

投稿者プロフィール

小吹 淳
小吹 淳
離婚分野を中心に取り扱う行政書士です。 行政書士に登録する前は法律事務所に約4年、その前は官庁に約13年勤務していました。実務を通じて法律に携わってきた経験を基に、離婚に関する書面の作成をサポートさせていただきます。