【離婚届不受理申出】相手が離婚届を勝手に出す場合に備えての対処法

  • 離婚届不受理申出って何ですか?
  • どんなケースで方がいいですか?
  • 申出の方法が知りたい

この記事ではこのような疑問、悩みにお応えします。

離婚届不受理申出とは、「離婚届」を「受理しない」よう「申し出る」ことだということは文字からでもおわかりいただけると思います。

ただ、具体的に何のための、どんな制度で、どんなケースで行えばよいのか、手続きはどうするのか詳しくご存知ではない方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回は、この離婚届不受理申出の制度について詳しく解説していきたいと思います。

離婚届不受理申出とは?

離婚届不受理申出とは、役所に対して、相手が提出した離婚届を受理しないよう申し出ることができる制度のことです。

離婚届不受理申出の制度は、戸籍に関する届出などに関して定めた戸籍法という法律の27条の2第3号に定められています。

離婚届不受理申出の目的

離婚届不受理申出の目的は、夫婦の一方に勝手に離婚届を出され、本来無効であるはずの離婚が成立してしまうことを防ぐことにあります。

万が一、相手に勝手に離婚届を提出されても、役所の担当者はあなたに離婚意思があるかどうかは確認しません。離婚届の記載内容と提出書類に不備がなければ離婚届を受理し、離婚が成立してしまいます。

しかし、協議離婚の場合、夫婦双方に離婚意思(離婚の合意)があることが必要ですから、相手が勝手に離婚届を提出した場合、本来であれば、離婚は無効です。

ただ、当然には離婚は無効とはならず、離婚を無効とするには裁判所に調停を申し立てる必要がありますが、こうした手続きをとることは手間と時間がかかり、離婚を無効とすることを諦めてしまう人が出てくるおそれがあるため、予防の意味で離婚届不受理申出という制度が設けられています。

離婚届不受理申出をした方がいいケース

離婚届不受理申出をした方がいいケースとは、たとえば、次のようなケースです。

  • 過去に離婚届にサインしたことがある場合
  • サインした離婚届を相手に預けている場合
  • 相手から離婚を急かされている場合
  • 親権をめぐってもめている場合
  • 離婚条件に関する話し合いを後回しにされている場合

こうしたケースでは、相手に勝手に離婚届を提出されてしまうおそれがありますので、離婚届不受理申出をしておいた方がよいといえます。

離婚届不受理申出の効果・期限

役所に離婚届不受理申出を行うと、相手が勝手に離婚届を提出しても、あなたが申出を取り下げない限りは、役所は離婚届を受理しません。役所が離婚届を受理しないということは、協議離婚は成立しませんし、戸籍も変更されません。なお、かつては申出の効果に期限が設けられていましたが、平成20年5月の戸籍法改正によって期限は設けられなくなりました。

離婚届不受理申出の準備

離婚届不受理申出を行う前に次の準備を進めましょう。

必要なものをそろえる

まず、申出をするにあたって必要なものをそろえます。必要なものは次のとおりです。

□ 離婚届不受理申出書
□ 申出をする人の本人確認証(運転免許証など)
□ 印鑑(任意)

申出書の書式の入手方法は

  • 役所の窓口で入手する
  • ネット上からダウンロードして印刷する

かのいずれかが原則ですが、稀に、郵送で送ってくれることもありますので、希望する場合は問い合わせてみましょう。

ネット上の書式は、あらかじめ特定の宛名が印字されている場合があります。宛名は本籍地の役所とする必要がありますから、宛名が本籍地の役所と異なる場合は、そもそもその書式が使えるのかどうか、あらかじめ役所の担当者に確認しておいた方がよいでしょう。

また、書式はA3用紙に印刷する必要があります。異なるサイズの用紙を使うことやA4サイズの用紙をつなぎあわせたものを使うことはできませんので注意しましょう。申出書に印鑑を押すかどうかは任意です。押した場合は印鑑が必要です。

書式:離婚届不受理申出書 | 大阪市

申出書に必要事項を記入する

次に、申出書に必要事項を記入します。

氏名、生年月日、住所、本籍などを記入します。印鑑は、前述のとおり、押すか押さないかは自由です。押してもいいですし、押さなくてもいいです。ただ、押した場合は印鑑をもっていく必要があります。

記入の仕方に迷う場合は、次の参照サイトを参考にするか役所の担当者に直接問い合わせてみるとよいと思います。

離婚届不受理申出の方法

離婚届不受理申出の準備が整ったら申出を行います。

申出先

離婚届不受理申出の申出先は

  • 本籍地の役所
  • 本籍地以外の役所(今お住いの役所)

のいずれかです。

本籍地以外の役所に申し出た場合は、本籍地以外の役所で申出書の謄本が作成され(①)、原本は本籍の役所に郵送されます(②)。①から②までに時間がかかりますので、急ぎの場合は本籍地の役所に申出することをおすすめします。

申出方法

離婚届不受理申出の方法は、役所の窓口まで申出書など必要なものをもっていって手続きするのが原則です。

郵送や代理(使者)による申出は原則不可です。ただし、病気などやむを得ない事情により役所の窓口で申出をすることができない場合は、申出書などにプラスして「離婚届について不受理申出する」と明記した「公正証書または公証人の認証を受けた私署証書」を加えることによって、例外的に郵送または代理による申出を受け付けてくれることもあります。

郵送または代理を希望する場合は申出先の役所と公証役場に問い合わせて確認しておきましょう。

離婚届不受理申出の取り下げ方法

離婚や離婚条件の話がまとまるなどして、離婚届不受理申出を取り下げてもよい状態になったら、役所に「取下書」を提出して申出を取り下げる必要があります。取下書は役所の窓口で入手できます。取下書以外に準備するもの、取下先、取下方法は申出時と同じです。

申出人本人が離婚届を提出する場合は、提出と同時に申出を取り下げたものとして扱われますので、あらためて取下げの手続きをとる必要はありません。

申出する前に離婚が成立してしまったら?

万が一、離婚届不受理申出をする前に離婚届を提出され、受理されると形式的には離婚が成立してしまいます。
ただ、前述のとおり、実質的には離婚は無効ですが、離婚を無効とするには、はじめに家庭裁判所に対して調停(協議離婚無効確認調停)を申し立てる必要があります。
そして、調停で離婚が無効であることについて合意し、役所で一定の手続きをとってはじめて正式に離婚を無効とすることができます。
一方、合意できない場合は訴訟を提起して、裁判所に離婚が無効かどうかを判断してもらいます。

離婚届不受理申出に関するQ&A

最後に、離婚届不受理申出に関する疑問にお答えします。

誰が申出できますか?

離婚届不受理申出ができる人は離婚届の届出人、すなわち、夫婦だけです。親、親族など、夫婦以外の第三者は申し出ることはできません。

申出した後、転籍した場合はどうなりますか?

離婚届不受理申出をした後、本籍地を変えた場合は、当該申出は新しい本籍地の役所に対してしたものと扱われます

申出をしたことは相手にわかりますか?

役所から相手に対して離婚届不受理の申し出がされたことの通知はしません。相手が申出をされたことを知るのは、相手があなたに無断で離婚届を提出したときくらいでしょう。

申出の効力が及ばない場合はありますか?

相手が調停を申し立て調停が成立した場合、訴訟を提起され、裁判(和解、認諾、判決)で離婚が成立した場合は申出の効力は及びません。調停離婚や裁判離婚は離婚届の提出・受理が離婚の成立要件ではないからです。

まとめ

  • 離婚届不受理申出とは、役所に離婚届を受理しないよう申し出る法制度のこと
  • 適法に申し出ると、相手に勝手に離婚届を提出しても受理されず、協議離婚は成立しない
  • 申出をするには必要なものをそろえ、申出書を役所に提出する
  • 役所の窓口で直接申し出るのが原則で、郵送、代理が認められるのは例外
  • 申出の効力を失わせるには、取下げの手続きを行う必要がある
  • 申出を行う前に離婚届を受理され、離婚の無効を主張したい場合は調停を申し立てる必要がある

Follow me!

投稿者プロフィール

小吹 淳
小吹 淳
離婚分野を中心に取り扱う行政書士です。 行政書士に登録する前は法律事務所に約4年、その前は官庁に約13年勤務していました。実務を通じて法律に携わってきた経験を基に、離婚に関する書面の作成をサポートさせていただきます。